ログイン
英会話| 婚活| 北海道専門学校| 東北専門学校| 東海専門学校| 沖縄専門学校| ホームページ制作| 2万円HP制作|

板ガラスの制作工程

今回は板ガラスの種類とその制作方法のについて調べてみました。

 

ガラスの制作方法は大きく分けて二つあるそうです。

引き上げ法とフロート法。

引き上げ法の方は現在使われておりません。

水飴のような状態のガラスを上に引き上げて生成する方法です。

そのため、完璧に平にすることは難しく、昔の窓のガラスは歪んで見えていたそうです。

この引き上げ法には、日本板硝子が用いていたコルバーン法と、旭硝子が用いていたフルコール法(一つの窯から複数の取り出し口も設けられる事が特徴)が含まれます。

コルバーン法とフルコール法は、現在でも外国で制作しているところがあるそうですが、鏡などに使う場合は「磨き」の制作工程を一段階増やさなければならないそうです。

 

そしてもう一つのフロート法。

現在の板ガラスのほとんどがこの手法で制作されています。

イギリスのピルキトン社で発明された制作方法です。

ガラスの比重が溶解した錫(Sn)より軽いことを利用し、溶解錫の上に水飴状のガラスを流し伸ばしていく方法です。

引き上げ法とは違いある程度床と水平に制作され、上からはバーナーでガラスを溶解させているので、歪みもなくそのまま鏡にも利用可能です。

 

ちなみに、板ガラス制作の歴史は、機械式の円筒法→コルバーン法やフルコール法ピッツバーグ法→フロート法という流れです。

現在のような平らなガラスを制作できるようになるには、多大な苦労があったんでしょうね。

吹きガラスのような美術工芸品の歴史も含めて考えると、ガラスの歴史はとても奥が深いです。

記事内容とリンク先は関係ございません。85

記事URL コメントコメント(0)

最初の記事です

初めまして、これから自分の興味のあることを記事にして書いていきたいと思います。

よろしくお願いします。

記事URL コメントコメント(0)
1 |

QRコード

やんやんマチコ通信190

カレンダー

<< 2018年05月 >>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

テーマ

プロフィール

コメント

管理画面へ