ログイン
英会話| 婚活| 北海道専門学校| 東北専門学校| 東海専門学校| 沖縄専門学校| ホームページ制作| 2万円HP制作|

ビットコインをただでもらえるサイトまとめ

仕事でビットコイン(bitcoin)を終日調べていて、

無料でビットコインを手に入れる方法がいくつか見つかったので

メモっとこう。

 

…まとめってほどではないけどね。

 

ボーナスビットコイン(英語)

英語版だが非常にシンプル。

ロボットじゃないですよ~にチェックを入れて「Claim」ボタンを押すだけ。

15分ごとにボタンを押せるようになるので、

15分ごとにsatoshiがもらえる。

 

 

あとはポイントサイトでビットコインでの換金が可能なサイト。

ちょびリッチ

 

げん玉

 

Gポイント

 

もちろん全て登録など無料で利用できる。

 

Tier方式なので早めに登録して、

早めに拡販した方が得なのは間違いないかな。

 

ただで手に入れたビットコインは

ビットコイン販売所に移動する。

やはり実績で bitflyer か coincheck がお勧め。

zaifも人気があります。

 

 

基本的に口座開設はどれも無料なので、

取りあえず口座だけ開けておくというのはお勧め。

 

まだ広く周知されていないためどちらもキャンペーンなどが

頻繁でビットコインがもらえたりする。

 

個人的には Bitpoint や GMOコイン などの口座も持ってますが、

 bitflyer は「ビットコインを貰う」というサービスがあったり、

月間取引量・ユーザー数・資本金において

国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業だったり、

 

 coincheck はアルトコイン数が多く(2017/11時点13種)

本格的に仮想通貨を投資対象と考えて運用するには最適。

ほかに「coincheckでんき」というサービスでもコインを貰える。


まあ使いやすかったり、トータル的に見てやはり

この二つは他より上を行ってると思います。

 

2017/04から、この半年でビットコイン価値が20倍くらいになったとはいえ、

安全資産かどうかは見定めかねるので、

自腹現金で買うのは怖いが、

ただでもらったビットコインなら

持っといて損はないでしょ。

 

1万円分くらい貯めて置いておくと、

数年後に100万円になる。って事もあり得るかもね。

 

ちなみにビットコインが世に出た時に(2009年)

1万円分ビットコインで買っていたとしたら、

2017/10/24現在、約12億円になっているという試算もあります。

 

 

~判断は自己責任で!~

記事URL コメントコメント(0)

Googleにモバイルサイトをインデックスさせる方法。

やっぱり、これって簡単なようで、面倒なのね…

 

■モバイルサイトを正しくGoogleに認識させるためには

Googleウエブマスター向け公式ブログ

 

 

■<link rel="alternate" media="handheld" href="(ケータイサイトのURLアドレス)" />

をヘッダに入れといたほうがいいみたい。

 

■『エラーが発生しました。レスポンスが不正です。 (WJ40253E) 』と表示される。
これもよくやられます。

つまり、表示容量オーバー。

表示情報を軽くするしかない。

 

まあ、スマホやiPadなどが幅を利かせてきているので、

モバイルサイトの重要度は下がってきているかな。

 

 

 

記事URL コメントコメント(0)

ニュースリリースサイト

運営サイトが多くなってくると、

その告知方法に悩みます。

 

インターネット

新聞折込

雑誌

新聞広告

テレビCM

ラジオCM

 

まあ、サイトの場合、しかもローカルでない場合、

ディレクトリサービスでSEOを試み

やニュースリリースサイトを使ってSEOを兼ねながら情報を配信する…。

 

本当にいろいろなサイトが存在しますが、

ごちゃごちゃしてなくて、リーズナブルな

ニュースリリースサイトならドリームニュースなどがおすすめ。

 

効果のほどは…。

 

内容次第ですよね。

どの宣伝媒体でも。

 

 

記事URL コメントコメント(0)

世界の検索エンジン

世界中にはいろんなサーチエンジンがあるんですね。

dmoz

って知りませんでしたが、

結構得意な存在のようです。

 

また、スタッフに教えられました。

 

ついでに気になった、世界のサーチエンジンをリンクしとこ。

AOL
Lycos
Gigablast
Teoma

Yippy

英語版のヤフーはこっち。

Yahoo

マイクロソフトの次世代検索エンジンはこっち。

Bing

 

検索エンジンって、2000年初頭からM&Aの嵐の中で、

結構統廃合されたり、

日本での最近の検索エンジンのM&AだとInfoseekが楽天に買収されたりと、

わずか10数年で、でたり消えたり、激しいんですが、

ディレクトリサービスがSEO対策として出回ってきて、

また、ディレクトリ型の検索エンジンが増えました。

 

もともと検索エンジン屋さんでない、ビックサイトがやっているので、

それなりにランクも付いていて、

また…検索エンジンがわからなくなってきた…。

 

まあ、手が回らないから、

大きいとこだけ押さえておくと、考えるしかないけどね。

 


 

記事URL コメントコメント(0)

wysiwygエディター2

うちの姫様が、素敵なオープンソースを見つけたので、

また紹介。

 

wysiwygエディターをjQueryプラグインで簡単導入「jQRTE」

 

これいいな。。。

 

記事URL コメントコメント(0)

WYSIWYG(ウィジウィグ)のいいやつ。

 What You See Is What You Get(見たままが得られる)

ウィジウィグのいいオープンソースがあると教えられたので、

 

メモする。

 

http://tinymce.moxiecode.com/

 

Full featured example

http://tinymce.moxiecode.com/tryit/full.php

 

そのままでは脆弱なので、

うちのスタッフが結構手を入れて、

いいものができた。

 

いや~。

いろんなものがネット上には落ちてるね。

 

これ、…自作してたよ…。(時間の無駄)

 

記事URL コメントコメント(0)

gooモバイルサイトビューワー

これは日常的に使っているので、
忘れることはないんだけど、置いておこう。

gooモバイルサイトビューワー

いわゆるエミュレーター。

GoogleのADsenseも表示するので便利です。
記事URL コメントコメント(0)

マーケティング理論と用語

人様にホームページの説明をしていて、
もしくは提案書を作っていて、

「用語がわからん…」

ということがままあり、いちいち調べながら書いていますが、
そうすると、たまに、

「俺の脳みそって記憶領域小さい?」

…とさみしくなります。

ってか、専門家でしょ、俺…。
って。。。

なので、ここをTips置き場にして、

忘れないぞ~!

っといった感じで使ってみよう!

手始めに
ACEウエブマーケティング用語集
を登録。

よっしゃぁ…。これで忘れないぞ…。
記事URL コメントコメント(0)
1 |

カレンダー

<< 2018年01月 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

プロフィール

沖縄・那覇市在住、バツイチ、子だくさん、40代のおやじです。暑さと闘いながら、日々、発泡酒と煙草を楽しむため、懸命に生きてます。

コメント

管理画面へ