ログイン
英会話| 婚活| 北海道専門学校| 東北専門学校| 東海専門学校| 沖縄専門学校| ホームページ制作| 2万円HP制作|

平作は建場茶屋へ引

平作は建場茶屋へ引き摺って行かれると、さっきから苛々して待っていた今宮さんは、奥の床几を起って店さきへ出て来ました。
見ると、勇作が鎧櫃を背負っている。中間ふたりが彼の平作を引っ立てゝくる。もう大抵の様子は推量されたので、この人もまた赫となりました。 「これ、そいつがどうしたのだ。」  この雲助めが横着をきめて動かないと云う若党の報告をきいて、今宮さんはいよ/\怒りました。単に横着というばかりでなく、こんなに重い具足櫃はかついだことが無いとか、こんな具足櫃をかつがせて行く侍があるものかとか云うような、あてこすりの文句が一々こっちの痛いところに触るので、今宮さんはいよ/\堪忍袋の緒を切りました。 「おのれ不埓な奴だ。この宿場の問屋場へ引渡すからそう思え。」  こゝへ来る途中でも、もう二三度は中間共になぐられたらしく、平作は散らし髪になって、左の眼のうえを少し腫らしていましたが、這奴《こいつ》なか/\気の強い奴、おまけ中間どもに撲られて、これもむしゃくしゃ[#「むしゃくしゃ」に傍点]腹であったらしい。立派な侍に叱られても、平気でせゝら笑っていました。 ゴミ屋敷 頭から湯気を立てる(1/15 22:02:44)

カレンダー

<< 2018年02月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

テーマ

プロフィール

コメント

管理画面へ