ログイン
英会話| 婚活| 北海道専門学校| 東北専門学校| 東海専門学校| 沖縄専門学校| ホームページ制作| 2万円HP制作|

まあ、兩方でさう赤め合つても仕方があるまい

花園  まあ、兩方でさう赤め合つても仕方があるまい。この奧に何がゐるか居ないかは、襖をあけてみれば判ることぢや。良因、念のために明けてみやれ。
 
良因  (わざと逡巡して。)いえ、それはまつぴら御免下さいまし。
花園  まだ怖いか。
良因  なんだかまだ不安心でございます。どうかあなた御自身で……。
花園  いや、わしも御免ぢや。
加賀  誰だつて氣味が惡うございますわ。たしかに變なものがゐるに違ひないんですもの。
正親  (いよ/\怒る。)まだ私を疑つてゐるのか。いよ/\以て怪しからぬことぢや。さう云ふこなたこそ鬼か惡魔ぢや。
加賀  え、なんですつて……。わたしが鬼か惡魔ですつて……。
正親  おゝ、此頃の女子は惡魔よりもおそろしいと、師匠の晴明どのが常々申されてゐるわ。
良因  なるほど、その占ひはよく中つてゐるかも知れない。(笑ふ。)
加賀  ひとを馬鹿におしなさるな。なんでわたしが惡魔ですよ。(詰め寄る。)
正親  神の御告をあざける徒は惡魔も同然ぢや。退れ、すされ。(御幣にて加賀を打つ。)
加賀  おや、わたしを打ちましたね。
正親  かうして惡魔を攘ふのぢや。(又打つ。)
加賀  わたしを狐だとでも思つてゐるんですか。もう堪忍ができませんよ。
 
(加賀は正親の御幣を奪ひ取りて、あべこべに打つ。正親の烏帽子落ちる。正親怒つて御幣をうばひ返さんとし、たがひに挑み爭ふ。)
遺品整理 大阪 悩める遺品整理お任せサイト

カレンダー

<< 2018年06月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

テーマ

プロフィール

コメント

管理画面へ