ログイン
英会話| 婚活| 北海道専門学校| 東北専門学校| 東海専門学校| 沖縄専門学校| ホームページ制作| 2万円HP制作|

介護福祉施設と病院との違い

日本は年々少子高齢化が進んできて、老人大国となっています。そのため介護は重要な課題となっているのです。多くの人が介護福祉施設に注目しているようです。介護保険制度が施行されて以来、介護福祉施設の人気が高まっています。そのため、そこで働く看護師の需要も高くなっています。そうした理由から、介護福祉施設で働くナースが増加傾向にあるようです。ただ、介護福祉施設に就業する看護師は病院と比べてまだまだ少ないのが現実です。しかし、今後はより人数は増えていくことでしょう。介護福祉施設というのは、治療は必要ありませんが、リハビリや介護が必要になってくる高齢者の人が入所するための施設です。つまり、病院と家庭の間に位置する施設ということが言えます。そのため、病院での働き方の違いは、高齢者がしっかりとした生活が送れるよう、より心のこもったケアをする必要があるところです。もちろん、施設にも様々な種類があります。介護福祉施設で大切なのは、患者さんに対して距離感の
近いサポートをすることです。患者一人一人と信頼関係を築きながら、心のこもったサポートをしなければなりません。生命の危険を伴う緊張感こそありませんが、コミュニケーションをしっかりと取って、関係性を作る力が要求されます。患者と向き合って、しっかりサポートしたい人に向いています。
 
記事URL
1 |
管理画面へ