ログイン
英会話| 婚活| 北海道専門学校| 東北専門学校| 東海専門学校| 沖縄専門学校| ホームページ制作| 2万円HP制作|
            

100人警備ゆいまーる隊へ参加しませんか。

18
October

10月24日(木)午後18:00~19:00まで

 

糸満小学校体育館にて

 

100人警備ゆいまーる隊の出陣式があります。

 

5名の動員要請がありました。

 

どなたか、参加できませんか!!

 

 

参加できる方はこちらから

 

 

 

詳しいことは沖縄水産高校PTA事務まで

 

ご連絡ください。

 

TEL:098-994-3483

記事URL
            

小物作り 場所変更です!

18
October

10月20日の小物作りですが、

 

集合場所の変更がありました。

 

1階総合教室(体育館横)です。

 

皆さん、宜しくお願いします。



記事URL
            

保護者の皆さん、ご協力ください!!

16
October

PTA母親委員会では

 

沖水祭に向けて小物の販売を致します。

 

それでその小物作りを10月20日(日)

 

10:00~12:00の間に行います。

 

100個作る予定なので、参加される方が多ければ

 

多いほど助かります。

 

是非ご参加くださいますよう、

 

宜しくお願いいたします。

 

 

日時:10月20日(日) 10:00~12:00

 

場所:沖縄水産高校

    3振棟3階 福祉系列教室

 

参加しますという方はココからお申込みください。

 

ヨロシク!お願いします!!


先生方の参加も待ってます!!





 

 

記事URL
            

家庭で子供と話し合う前に

14
October

私たち高校生を持つ親は

 

家族を養うために働き、家事と仕事を両立させ、

 

毎日自分の時間を削りながら

 

過ごしています。

 

子供が高校生になったから、親はこう言います。

 

「自分のことは自分で考えてやりないさい」

 

これは凄く当たり前ですよね。

 

身の回りのことは、もう自分で出来て当たり前の年齢に

 

達していると思います。

 

でもよく考えてみてください。

 

彼らはまだ10代で、未成年です。

 

彼らを取り巻く環境は年々変わっています。

 

彼らが成人するまで、私たち親の子育ては終わらないのです。

 

では、親は何を学んで子供に伝えた方がいいのでしょう。

 

 

 

 

そんなヒントを集めてみました。

 

子供たちの未来を育む家庭教育

 

こどもがお酒を飲んではいけない5つの理由(国税庁)

 

家族で考えようサイバー犯罪対策

 

 

いじめについて

 

いじめ解決もやはり親の支えが子供にとっては大きいと分かりました。

 



部活動は学力を向上させます。
ただ、部活動の時間が長すぎては

学力を落とすことも。バランスが大切ですね。

 

静岡南高校

 

部活動で育まれた遂行力を学力向上につなげる

 

 

ぜひ子供たちに部活動を進めてください。 

 

記事URL
            

東京国体でも活躍

14
October

カヌー部の活躍は素晴らしいですね。

 

沖水を卒業して大正大へ行った

 

當銘君も大健闘です。

 

 

東京国体:沖水ペア、最速証明

 

東京国体カヌー:大城・仲宗根組(沖水)が2連覇

 

東京国体カヌー:大仲(沖水)が3位

 

東京国体:カヌー少年、沖水ペアC2準優勝

 

 

 

 

 

記事URL
            

10月の定例会

12
October

広報の吉田です。

 

 

水曜日は定例会でした。

 

各専門委員会の活動報告と

 

9月29日に行われた臨時評議委員会の件で

 

話し合いました。

 

バイクでの事故をきっかけに、

 

深夜徘徊、喫煙、飲酒も含め

 

どうしたら止められるのかを考えていくことになりました。

 

 

それで

 

臨時評議委員会で出た全体集会ですが、

 

やる方向で進んでいます。

 

これは生徒、先生、保護者が集まり

 

話し合う場を持とうということになりました。

 

日程が決まり次第、保護者の皆さんには

 

保護者会便りでお知らせいたします。

記事URL
            

県高等学校PTA大会へ参加しませんか

10
October

11月9日土曜日 浦添市てだこホールで


沖縄県高等学校PTA大会が開催されます。

 

保護者の皆さん、ぜひ一緒に参加しませんか。

 

日時 11月9日土曜日

 

時間 9:00〜17:00

 

場所 浦添市てだこホール


 

参加希望される方はここから

記事URL
            

48人の参加者で対策を話し合う

07
October

 ここ数年、評議委員会は年に1度だけでしたが、

 

9月21日(日)は臨時評議委員会が行われました。

 

沖縄水産高校では今年度2回目の評議委員会です。保護者25人、教師23人が集まりました。

 

校長挨拶、PTA会長あいさつに続き、

 

渡久山副校長から25年度に入ってからの交通事故の状況、

 

生徒指導部の新垣先生からは、指導を受けた子供たちの状況など

 

報告がありました。

 

子供たちを取り巻く環境が年々急速に変わり、 

 

学校の生徒指導だけでは生徒を守れないというところまできています。

 

参加した保護者からは

 

「学校の校則で免許の取得を禁止してほしい」

 

「親では子供を止めることができない」

 

「交通安全指導を増やしてほしい」など声があがりました。

 

教師からは

 

「アルバイト先にも問題があり、高校生の勤務は10時までなのに、

 

勤務が終わったらミーティングといって、高校生を10時を過ぎても帰さない。

 

そういう経営者もいるので保護者も気をつけてほしい。」など

 

 

色んな意見がでましたが、

 

PTA会長が出席者に投げかけた


「PTAとして何ができるか」という部分では

 

意見は出なかったように思います。 


全体集会を持つべきという意見も出たので


学校と調整しながら三役、各委員会の委員長で全体集会の


持ち方を考えていきたいと思います。

記事URL
            

先進校視察報告会

07
October
広報の吉田です。
 
9月21日(土)に高P連主催の県内進学先視察報告会・進路講演会へ

参加してきました。
 
県内先進校視察報告は、那覇高等学校PTA会長の比嘉さん、
 
具志川商業高等学校PTA進路委員長の渡久地さんが行ないました。
 
比嘉さんはKBC学園グループ、県立看護大学、県立芸術大学を視察し、
 
それぞれの特色を紹介。
 
KBC学園は入学と同時に社会へ出る前準備としての心構えや
 
行動ができる学びが素晴らしく、社会が求めている人材育成に
 
力を入れているということ。
 
県立看護大学は優秀な講師陣が揃っていて、近年は県内の入学者が
 
9割を占め、就職率100%であること。
 
県立芸術大学は芸術系のみならず、多様性を持った学生が多く、
 
芸術家のみならず、教員・非常勤講師・一般企業へも
 
多岐多様に進路決定していることなど、
 
詳しく紹介されていました。
 
 
渡久地さんは県立農業大学校と沖縄職業能力開発大学校を紹介。
 
県立農業大学校は入学者の年齢層が幅広く、
 
定年退職者や農業従事者の入学も可能とのこと。
 
1年過程と2年過程があり、園芸や畜産が学べるということ。
 
沖縄職業能力開発大学校では設備が充実しており、何よりも学費が安く、
 
また求人もかなり多いということでした。
 
 
また、進路講演会では㈱ベネッセコーポレーション高校事業部
 
九州・沖縄地区責任者の相武貴志氏の
 
「進学の現状と保護者の役割」というテーマで講演があり、
 
「子供の目標を決めようとする、考えようとする姿勢が大事であり、
 
目標を決めたら、そこから目標を下げないこと。
 
下げるとそこまでしか、頑張らないし勉強しない。
 
保護者は一緒に考えてあげること、話を聞いてあげることが大事。」と
 
話しておられました。
 
今回は沖縄水産高校から私と砂川先生の二人だけの参加でしたが、
 
次回は進路委員会を含め数人で参加したいと思いました。
 
記事URL
            

台風24号接近の為臨時休校

07
October

皆さん、今朝のラジオ聞きましたでしょうか。

 

台風24号接近のため、沖縄県内の小中高は

 

臨時休校になるそうです。

 

この時間、バス・モノレールは運行していますが、

 

 

午前中で運休になる可能性があります。

 

学校は休校です。気象庁台風情報

 

 

 

記事URL
            

遅くなりましたが

06
October

広報の吉田です。

 

8月21日から3日間、高等学校PTA山口大会へ参加しました。

 

 

今回はPTA会長の金城さん、副会長の渡名喜さん、安里さんと4人で参加し、


それぞれ各分科会で勉強してきました。


全体会では下村文部大臣の基調講演がありましたが、


PTAの大会に大臣自ら教育のビジョンを語るというのは


驚きであり、感動でもありました。

 

私が参加した特別第2分科会は

 

「高校再編とPTA」をテーマに

 

山口県立大津緑洋高等学校PTA、岩手県立大船渡東高等学校PTA、


福井県立奥越明成高等学校PTA、北海道札幌拓北高等学校PTAの

 

4校の発表がありました。

 

各高校の発表者が学校統合の祭にPTAとして何ができるか、


模索しながら学校に関わってきたと発表。


学校統合をマスコミの発表で知ったという学校もあり、


不満を抱えながら、しかし子供達の為に出来ることを

 

考えながら、統合を進めて行ったことなども

 

切々と話していました。

 

コーディネーターの相原次男氏(宇部フロンティア大学教授)は

 

「高校再編はその時代に合わせたもので、絶対必要」と説明していましたが、

 

確かにそうだと思います。

 

しかしその地方の産業に必要な人材を育てる為の


教育機関は絶対必要だと思います。


地方産業のニーズや時代に合った新しい分野を学ぶための


高校再編であれば問題ないのではないでしょうか。

 

地方の行政と教育機関が同じベクトルを持っていなければ、

 

地方産業の衰退にも繋がりかねない、

 

そんな危機感を感じた全国大会でした。 


 

 

 

 

第63回全国高等学校PTA連合会大会山口大会

 

山口大会のイメージムービーがありましたのでリンクしました。

記事URL
            

家庭教育のヒントになれば

05
October

広報の吉田です。

以前、早稲田大学人間科学学術院、

医学博士の前橋 明教授に取材を申込み

高P通信に掲載した内容を紹介します。

 

 

 

学力低下の原因は生活リズムの中にある!?

 

 学力向上を目指して小学校から様々な取り組みを

行ってきた沖縄県ですが、二〇一二年八月に新聞で

発表された学力テストでは全国最下位という結果でした。

 

その責任は実は私たち大人にあるのかもしれません。

単純に勉強時間を増やすだけで、

子どもの学力は伸びるのでしょうか。

私たちは他に要因があることをずっと見逃してきている

ことに気づかなければいけません。

 

 

 

 

「毎日だるい」はいつから?

 

高校生の子どもをもつ私たち保護者や

指導する先生方の心配ごとの一つに、

子ども達の進路があります。

大学へ進学し、自分が目指したいものを見つけて

一心不乱に頑張って欲しいと誰もが願っているでしょう。

 

 しかし、どのくらいの子ども達が充実した高校生活を

送っているでしょうか。

「午前中は眠くて授業に集中できない」

「学校では毎日だるい」「学校が終わると元気になってくる」

「夜は0時を回っても眠くならない」

そんな子ども達がたくさんいるのではないでしょうか。

そんな状態で高校3年間を過ごすと進学や就職はどうなるのでしょうか。

 

 

 では、子ども達はいつからそんな状態になったのでしょう。

高校へ進学してからなのか、それともそれ以前の

小学校時代からそうだったのか、思い出してみてください。

 

 

 

沖縄県の子どもは幼少期から生活リズムが狂い始めている。

 

 長年、子どもの健康福祉学、幼児体育、福祉教育の研究に携わり、

幼少児の健康・生活実態調査を全国的に展開している、

早稲田大学人間科学学術院、医学博士の前橋 明教授は

年に数回沖縄に訪れ、県や市町村主催の講演会等で

「子どもの心とからだが危ない」と訴えています。

 夜9時を過ぎてもショッピングモールやスーパー、居酒屋、

カラオケ店、レストランやファーストフード店等に

子連れで訪れる大人の多さに危機感を感じ、前橋先生は

警鐘を鳴らしています。

 幼児の寝る時刻を調査したところ、福島県、秋田県では

夜10時以降の就寝は10%以下という結果に対し、

大阪府、高知県、沖縄県では50%を超えています。

 

 また、外で体を動かして遊ぶ時間も減り、

幼少期のころからテレビを見たりゲームをしたりする時間が

長くなってきていること、車での通学が増え徒歩で

学校へ行く機会も奪われる等、運動する時間も減っていることも、

前橋先生の調査で分かってきました。

子どもの寝る時間と運動、学力はどう関係しているのか、

前橋先生のお話を詳しくまとめて紹介していきます。



 

数値で示さないと伝わらない

 

 子ども達の学力や体力の低下を防ぐためには、

生活習慣を整え、良い生活リズムを繰り返すことが大切です。

そのためには

①睡眠と食事に家庭の協力が必要。

②運動の実践には学校の協力が必要。

要するに家庭と学校がスクラムを組んで

健全育成に取り組まなければなりません。

 

 しかし、私たちは子どもが保育園や幼稚園に通う頃から

「早寝、早起き、朝ごはん」の標語を良く耳にしてきましたが、

それが学力とどう関わってくるのか、子どものからだに

どのような効果が表れるのか、

詳しく知ることはなかったように思います。

前橋先生は、その裏付けをとるための調査をし、

数字で分かりやすく紹介しています。

中学2年生218名を調査対象として就寝時刻別に

9教科の評定点数の合計を比較したグラフで説明しています。

 

 

 

 

生活習慣と学力との関係

 

 就寝時刻別にみた9教科の評定では23時から0時前に

寝た子が成績が良いようです。

一夜漬けや徹夜で頑張っても成績はさほど

伸びないことが分かります。

また、睡眠時間が7~9時間未満の子は成績が良く、

それより短すぎても長すぎても学力に期待がもてない

傾向があることも分かりました。

 
 
 
次のグラフは生活と体力・学力との関係を示したものです。
 
〈朝食と学力〉
朝食と学力
●朝食を毎日食べている生徒は、食べていない生徒より評定が高い。
 
 
 
 
 
〈夕食と学力〉
夕食と学力
●毎日夕食を食べている生徒は、食べていない生徒より評定が高い。
 
 
 
 
 
〈部活動と学力〉
部活動と学力
●日中に心とからだを動かす活動の機会が適度にある生徒は、
部活動をしていない生徒より評定が高い。
 
 これらの結果から、食事(栄養)・運動・睡眠(休養)、
つまり生活習慣とそのリズムの重要性を私たち保護者が、
しっかり認識することが大切ではないでしょうか。
次は生活リズムが乱れる原因についてまとめていきます。
 
 
 
睡眠リズムが乱れると、どのような悪い連鎖が起こるのか?
①就寝の遅れ・短時間睡眠 (睡眠リズムの乱れ)
②朝食の欠食 (摂食リズムの崩れ) 
③午前中の活動力低下・運動量の減少 (体力の低下)
④自律神経の機能の低下 (昼夜の体温リズムの乱れ)
前橋先生はこの4つの流れを挙げています。
体温リズムとホルモンの分泌
 まず、体温を下げて眠らせてくれる脳内に分泌されるホルモン、
メラトニンの出る時間帯がずれてきます。
そして、体温を上げ、からだや脳を目覚めさせてくれる
β-エンドルフィンやコルチゾールが分泌される時間もずれ、
お昼を過ぎた頃から脳が目覚めてきます。
夜になると元気になりエネルギーをもて余し、
夜に街に出るという行動に出てしまいます。
早朝から午前中にかけては、脳温を下げて眠っているので、
学校には行けません。
行っても、午前中の学校の授業では眠く、だるくなります。
教師がいくら解りやすい授業をしても無駄になってしまいます。

 こんな状態が続けば、子どもは学校の授業は分からない、
午前中はだるくて眠くて疲れているので友達と楽しく過ごせない、
学校がつまらなくなって不登校・ひきこもりの原因に
なってしまうことを示唆していました。
 
 

睡眠リズムが乱れると
■朝食の欠食(摂食リズムが崩れる) 
■午前中の活動力低下・運動量の減少
 (体力が弱まる) 
■自律神経の機能の低下
 (昼夜の体温リズムが乱れる)
■ホルモン分泌の乱れ
■体調不良
 (精神不安定に陥りやすい)
■学力低下・体力低下・不登校・暴力行為
 
 前橋先生は、「自律神経は生きる力そのもの」
「自ら考え、自ら主体的に行動する、そういう子どもを育てたい。
しかし、自律神経がしっかりしていないと、
そういう子どもが育つことはできない。」と訴えています。
 
 
1点突破 全面改善のための知恵
 では、どうやってこの状態から抜けたらいいのでしょうか。
前橋先生は次の4点を掲げています。

■生活は1日のサイクルでつながっているので、
生活習慣(生活時間)の1つが悪くなると、他の生活時間も
どんどん崩れていきます。
逆に生活の節目の1つが改善できると、
他のことも良くなっていくというロマンがあります。

■朝の光刺激と運動での切り込みは有効

■諦めないで問題改善の目標をひとつに絞り、
ひとつずつ改善に向けて取り組んでいこう。必ず良くなっていく。

■科学的にデータを用いて重要性を伝える。
(理論武装してのぞむことが重要)
 
 いきなり全部をやろうとすると失敗してしまいます。
何かひとつだけを変えることで突破していけるそうです。
 
 
食べて 動いて よく寝よう!!
要は、
心・ふれあいを育てるためには、家庭における、「食」を、
自律神経を鍛え、生きる力を育むためには、「運動」を
キレないで、精神を安定させるためには、「睡眠」を、
大切にしなければならないのです。
 
 
 
高校生にむけてのアドバイス 
 特に私たち高校生をもつ保護者が知って
おかねばならないことは、「早寝・早起き・朝ごはん」に
「運動」を加えること。
そして、夜型になっている生活リズムの時間帯を
昼にスライドしていくことが重要だということです。
 
 運動する時間を昼に移動することでリズムが変わってきます。
もちろん、部活動を勧めることも有効です。
体育系でなければいけないということではありません。
文化系の部活でもいいのです。注意しなければいけないのは、
からだや脳を活発に動かし、
その満足感のピークを夜にしないことです。

 そして、体育系の部活動では練習の効率を上げる工夫も必要です。
長い時間練習することで、子ども達の帰宅時間を
遅くしては生活リズムの改善は到底できません。
短い時間で効果が得られる練習方法を日本体育協会が行う
講習や研修等で習得し、指導に活かすもの良いのではないでしょうか。

 以前、前橋先生の講演の後、直接、先生とお話できる機会を
いただき、高校生の子どもをもつ私たち親が1点突破をするなら、
どの方法が有効か聞いてみたところ、
「光刺激はとても有効です。朝起こす際に窓のカーテンを開け、
太陽の光を浴びせる。
もしベッドが窓から離れているところにあるなら、
窓の近くに移動させ、毎朝、太陽の光を入れてあげること、
そこから始めてみてください。
光の明暗環境はとても大事です。」と教えてくださいました。
 
 
高校生の感想
 昨年12月に糸満高校で前橋先生の講演会が行われました。
会場である視聴覚室は百名近い生徒で埋め尽くされていました。
前橋先生の「学習効率を高めること、良い学びをするために
生活を整える」という具体的な説明に生徒たちは
集中して聞き入り、一生懸命メモを取っていました。
 
 
 いくつかの説明内容と生徒の感想を紹介します。
 
●疲れている時にハードな練習をしても 良いフォームは身につかないし、技術の 向上にもつながらない。スカッとしてい る時に技術練習をすること。
●成長期に疲れる経験をすることは大事 だが、寝たら回復するくらいの疲れでな いとダメ。疲れが取れないのであれば、 体力に見合わない運動ということになる。 オーバートレーニングでは体力や技術 は向上しない。
●自律神経こそ生きる力、自律神経を鍛えよう。
《1年生 女子》
 
 
 食・運動・睡眠がとても大切だということが分かった。学力を上げるために、きちんとした生活リズムが大切。
《1年生 男子》
 
 
 前橋先生の話を聞いて自分のこれからの生活について見直すことができた。
《2年生 女子》
 
 
 保育に興味があったので、今日、講演を聞けて良かったです。また、今後のためになることも聞けたので、早速、今夜から早寝早起きを実践します。
《2年生 男子》
 
 
 睡眠はやっぱり大切だと思った。人との付き合いは精神面でも体力面でも成長することが分かった。
《3年生 女子》
 
 
 人とのかかわり、勉強、運動で自律神経を鍛えようと思いました。生活リズムを良くすることで、日々の生活を豊かにしたいです。睡眠が足りないと感じるので、もっときちんと睡眠をとろうと思いました。
《3年生 男子》
 
 
 何事においても向上させたいと思うなら、しっかりと睡眠をとり、朝ごはんを食べ、プラス運動が必要だと分かった。自分は教師を目指しているので、今日の講演はとてもためになりました。
 
 
 
負の連鎖を断ち切ろう
 今回は、前橋先生の講演で自分の生活リズムを見直すことに
つながった高校生がたくさんいました。
それをフォローしていく私たち親も、また同じような
意識をもっていなければ改善していくことは難しいと思います。
 現在、沖縄県は肥満児傾向の子どもの出現率が高くなっています。
親である私たち大人も車社会に慣れてしまい、
運動する機会を自ら作り出すことが少なくなってきています。
家庭の中で大人もいっしょに生活リズムを整えていくという
意識がなければ、「長寿県沖縄」の復活も難しいのではないでしょうか。
 
 沖縄県警の発表では平成21年度、
不良行為で補導された少年は三万四千人。
うち深夜徘徊で補導された少年は二万五百五十四人。
これに深夜の飲酒や喫煙等で補導された少年を加えると
二万五千六十五人となり、実に全体の74%を占めています。
 沖縄県の少年非行の特徴として、子ども達自身が
深夜徘徊に対してあまり罪悪感を感じておらず、
徐々にエスカレートし、重大な犯罪に至るケースが
多くなっているとありました。
 深夜に居酒屋やコンビニ、ファーストフード店、
スーパー、レンタルビデオショップ、ゲームセンター、
カラオケ、ショッピングモール等、様々な場面で
親子連れを見かけます。
そのような生活習慣が「大人といっしょであれば大丈夫」
「皆やっているから当たり前」
「これが普通だ」という意識につながり、
大人も子どもも深夜徘徊に対してのハードルが低い状況だと言えます。
 まず、私達大人が社会人としてのモデルであることを自覚し、
生活リズムを見直さなければなりません。
 いつかは私たちの子どもも結婚し、
親となる日が来るでしょう。
その時に子ども達にも正しい生活リズムが健康な心とからだ、
そして、学力を向上させるという知識が身についていなければ、
負の連鎖はいつまでも続いてしまいます。
 学校と各家庭とで子どもの生活リズムがいかに大切であるか、
今後のPTAの取り組みの中で浸透させていく必要があるように思います。
記事URL
            

保護者の皆さん 9月29日にお集まりください

20
September

臨時評議委員会が開催されます。

 

場所の変更がありましたので

 

お知らせします。

 

 

臨時評議委員会

 

時間:10:00~

 

場所:視聴覚室


今回は評議委員でない方の参加もぜひお願いしたいです。


皆様の積極的な参加をお願いいたします。



記事URL
            

一回戦突破ならず

17
September

沖縄水産高校野球部

 

1点差で読谷高校に負けてしまいました。

 

9月14日 沖縄タイムス

 

 

 

しかしながら、今年の秋季大会も

 

 

大波乱の予感。

 

どこが勝つのか全く予測がつきません!

 

沖水ナイン、次を目指して頑張れ!!

 

 

 

 

 

記事URL
            

定例会に参加しました

12
September
 
沖水へ向かっている途中で見た雲です。
 
珍しい形してるなーと思って
 
撮ってみました。
 
 
 
 
 
夏休みが終わって、久々の定例会へ参加。

 
いいニュースもあれば悪いニュースもあって。
 
昨日は1時間半くらい話し合ってました。
 
今、私たちができることは何か真剣に考えました。
 
 
そこで、急遽
 
緊急臨時評議委員会を実施します。
 
 

学校から保護者の皆様にお手紙か連絡が届くと思います。
 
今回はクラスの評議委員以外の保護者の方にも
 
是非、参加して頂きたいです。
 
今のところ9月29日(日)10:00
 
場所は他目的教室を予定しています。
 
学校とPTAから大事なお知らせがあるので、
 
出来るだけ参加ください。
 
宜しくお願いします。
 
記事URL
            

カヌー部が教育長へ優勝報告

04
September

今日の新聞見ましたでしょうか。

 

水産高校カヌー部が県庁を訪れ、

 

教育長へ優勝報告しました。

 

9月4日水曜日 沖縄タイムス 





 

 

実はその日偶然にも、私も県庁にいまして、

 

水産高校の生徒と先生を見つけ

 

「何でここにいるの?」

 

聞いたら

 

教育長へ優勝報告とのこと。

 

たまたま、私も諸見里教育長のところへ訪問する予定だったので

 

「教育長、後で水産高校の生徒と一緒に写真撮らせてください」と

 

お願いしたら

 

「はい、どうぞ。是非写真撮りに来て。」と

 

嬉しい返事を頂きました。

 

そして会場へ。

 

 



ばっちり撮りました!

 

 

 

みんな諸見里教育長の名刺をもらって嬉しそうです。

 

 

記事URL
            

水産高校の生徒が祭りを復活

04
September

沖縄水産高校の生徒達が

 

糸満、真栄里団地の祭り復活に向けて

 

お手伝いしたそうです。

 

団地の祭りは12年ぶり、

 

地域の皆さんは大変喜んでいたそうです。



 

8月30日 金曜日 琉球新報より

 

 

 

 

 

糸満市の広報紙にも紹介されています。 


記事URL
            

9月13日に 県民広場へ行きたい!

04
September

県内の中高生が売春目的で

 

県外へあっせんされていた事件は

 

怒りを感じましたが、

 

いつかは我が身

 

そう、他人事ではないはずです。

 

うちは大丈夫と思っていませんか。

 

私はそうでした。

 

 

13日県民広場へ行ける方いませんか?

 

そこで聞いてきた話を

 

是非、水産高校PTAで共有したいです。

 

宜しくお願いします。

 

 

守ろう青少年、県民集会

記事URL
            

表紙を飾りました!

01
September

 
沖縄水産高校カヌー部の大城君と仲宗根君が!!


 
記事URL
            

沖水の1回戦は読谷高校と!

31
August

県秋季高校野球が始まりますね。


今朝の新聞で対戦相手を確認しました。


楽しみです。


応援宜しくお願いします。

 

 

沖縄タイムス

県秋季高校野球、60チーム熱戦へ 来月7日開幕

記事URL
            

新聞作りは面白い

12
August

8月11日(日)に浦添のてだこホールで開催された

 

広報紙制作研修会に参加してきました。

 

沖縄タイムスの具志堅学さんを講師に迎え

 

レイアウトのやり方、見出しの付け方、

 

どんなものを記事にするのかなど

 

丁寧に教えて頂きました。

 

私も「羅針盤」を具志堅さんに見て頂き、

 

良い所、もう少し工夫が必要なところを

 

直接アドバイスしてもらうことができ

 

凄くラッキーでした。

 

他校の新聞を見ると、やはり生徒の活躍が中心になっている

 

PTA新聞が多く、学校新聞との違いを分からない方が多いんだと感じました。

 

私は今後もPTA活動を、また忙しい中PTA役員になってくださった

 

方々の難儀に報いるためにも、学校のPTA活動が盛んになるための

 

新聞作りを目指したいと思いました。

 

 

記事URL
            

食育講習会行ってきました

10
August

総務委員の金城さんが、高P連主催の

 

食育講習会へ参加してきました。

 

講習会では高校生向けのお弁当を作りますが、

 

栄養満点で、バランスのいいメニューを講師の方の

 

アドバイスを受けながら調理。

 

作ったお弁当は持ち帰りできるということもあり、

 

家族で食べて、味も大好評だったと言うことです。

 

沖縄水産高校からは金城さんただ一人の参加に

 

なってしまいましたが、

 

他校は7人で参加していた学校もあり

 

次回は何とか人数を集めて参加したいと話していました。


記事URL
            

全国総体激励カレーパーティー

08
August

新聞を見ると、全国総体で活躍している

 

子ども達の名前を見つけ

 

嬉しくなる今日この頃。

 

 

だいぶ遅くなりましたが、

 

7月20日土曜日に行われた全国総体激励カレーパーティーは

 

バドミントン部の保護者、PTA役員の皆さんを中心に21名の参加があり

 

120名分のカレーを短時間で作ることができました。

 

生徒達は日頃使っている体育館や、グラウンド、校舎周辺を清掃し、

 

その後、団結式を行いました。

 

団結式にはPTA会長の金城さんも参加、

 

これから全国総体へ参加する生徒、またその他の大会へ向け

 

部活を頑張っていく生徒を激励していました。

 

カレー作りは普段生徒達が使っている調理室を使い

 

於保先生にも手伝っていただきながら

 

大きな鍋で大量のカレーを調理。

 

野菜やお肉なども皆で分担しながら、包丁を片手に

 

子ども達の話をしながらもの凄いスピードで切っていました。

 

団結式が終わった後、お待ちかねのカレーライスです。

 

今回は特別にかき氷も提供し、生徒たちは大喜び。

 

これも沢山の保護者が参加してくださったからこそです。

 

皆さん本当にありがとうございました。



          



生徒達は丁寧に掃除をしてくれました。

  



 団結式が始まりました。



カレーだー!! お腹空いたー!!


    



「ありがとうございました。ご馳走様でした。」

御礼を言う生徒もいました。


 

記事URL
            

もっと具体的な話が聞きたかったかな

15
July

7月13日土曜日に県高校PTA連合会フォーラムへ行ってきました。


今回は「望ましい部活動の在り方と学力向上」

~部活動と家庭学習、どう両立しますか?~をテーマに

講演が行われました。

 

プログラムは2部構成になっており

 

1部は沖縄県総合教育センター所長の城間盛市さんを講師に向かえ

「部活動、授業、家庭学習のバランスの重要性」について

お話してくださいました。

 

城間先生は首里東高等学校の校長時代に

学校の現状分析に沿った学校経営方針の確率を図り

職員である先生方に、入学してきた生徒達を

しっかり育てよう、生徒の「進路実現・夢実現」が叶えられるよう

教職員は精一杯努力しようと様々な取り組みを行いました。

 

 

城間先生の行った数ある取り組みのひとつに

部活動活性化プロジェクト(1年生に5日間の体験入部を必修化)があり、

学力を上げるための取り組みだけでなく、

部活動をすることで文武両道を目指したことが功を奏したのでは

ないかと思いました。

 

結果的に生徒の勤怠状況が5年間でみるみる改善され

国公立大学(現役)合格者、私大・短大の合格者も増えていきました。

 

城間先生がおっしゃっていた言葉で

「生徒が学校にいるという存在感があることが大事」

「生徒が自ら考え自ら動くことに成功も失敗もない」と 

いう言葉が印象的でした。

 

第2部ではパネルディスカッションが行われ

アドバイザーとして城間盛市さん、

部活指導者として翁長良成さん(沖縄県体育協会副会長)

生徒代表として富田君(中部商業高等学校生涯スポーツ科)

保護者代表として比嘉さん(那覇西高等学校サッカー部保護者)

コーディネーターに屋良淳先生(南風原高等学校教頭)を迎え

それぞれの立場・経験から部活動と学力向上について話し合われました。

 

保護者代表で参加した比嘉さんは「やっていることは食事面を気を付けてあげたり、マッサージなどをしてあげることくらい」と話していましたが、

そういうふれあいの中で子どもの生活リズムを支えていることが分かりました。

 

生徒代表の富田君は進路を明確に定めながら、部活動も頑張っていると話していました。

このお二人が何か特別なことをしているわけではなく、富田君はしっかりした目標を持っている、比嘉さんもまた息子さんが部活と勉強の両立を支えているということだけです。

翁長さんは「部活動をすると学力が落ちるんですか?」と疑問を投げかけましたが、優秀なスポーツ選手ほど勉強も本当に頑張っているんだと話していらっしゃいました。

 

目標や目的が明確でない子ども達ほど部活の時間、勉強の時間を作ることが下手なのかもしれません。

若しくは限られた時間のやりくりが出来ないのかもしれません。

 

ありきたりなのかもしれませんが、

「目標」の有無で子どもの高校生活が大きく変わるということを改めて感じました。

 

 

記事URL
            

保護者の皆さん、出番ですよ!

10
July

全国総体激励カレーパーティーのお知らせ

 

7月20日(土)に部活生たちが、日々使用している活動場所や

 

学校周辺を清掃することで、感謝の気持ちを表現しようと

 

先生方と一緒に計画を立てています。


 

PTAでは清掃が終わった後に先生方と協力して

 

全国総体激励カレーパーティーを行います。

 

当日は9時から170名分のカレーを作りますが、

 

保護者の協力が必要です。

 

参加できる方がいましたら、こちらからお申込ください。


宜しくお願いいたします(*・ω・)ノ


カレー作り参加します

 

 

 

 

記事URL
            

沖水野球部 3回戦へ

09
July

6日、宜野湾市民野球場で行われた

 

2回戦、対那覇西は3-1で勝利しました。

 

3回戦は真和志高校と対戦です。

 

真和志高校は強いですよ。

 

皆さん、応援宜しくお願いします!

 

7月14日 10:00~ 沖縄セルラースタジアム那覇

 

沖水野球部の皆さん、渾身の力で挑んでください!

 

 

高校野球

 

平成25年 7月7日(日) 沖縄タイムス 


記事URL
            

望ましい部活動の在り方と学力向上

05
July

沖縄水産高校の保護者の皆さん

県高校PTA連合会フォーラムが開催されます。

 

今回は「望ましい部活動の在り方と学力向上」

~部活動と家庭学習、どう両立しますか?~をテーマに

講演が行われます。

 

日時:平成25年7月13日(土) 14:00開場・受付

 

場所:沖縄県総合福祉センター 東棟4F 403研修室

    那覇市首里石嶺町4-373-1  TEL:098-882-5811

 

対象:各中高PTA及び教育関係者

 

プログラム

 【第1部】講演

 「部活動、授業、家庭学習のバランスの重要性」

 ~首里東高校での実践から~ 沖縄県総合教育センター所長 城間 盛市

 

 【第2部】パネルディスカッション

 「部活動と家庭学習をどう両立するか」

 ~生徒・保護者・部活動指導者の立場から~

 

参加されたい方はこちらから

 

 

 

記事URL
            

サマフェス・イン沖水 中止のお知らせ

01
July

7月7日に予定されていたサマフェス・イン沖水ですが、

 

中止になりました。

 

日程の変更など、学校ホームページでご確認ください。

 

7月1日(月)代休 7月6日(土)は登校日で月曜日の時間割となっています。

記事URL
            

野球部1回戦突破!

30
June

沖縄水産高校野球部が2回戦に進みます!

 

ワクワクしますねー♪

 

試合している生徒、応援している生徒の

 

清清しいこと。

 

29日の試合は仕事を抜け出し、5分だけ見てきましたが、

 

セルラースタジアムで白球を追う姿は

 

なんだか胸にジーンと来て

 

目頭が熱くなってしまいます。

 

裁監督はどこかで見ているのでしょうか。

 

2回戦は7月6日(土)14:00~ 対那覇西高校

 

宜野湾市立野球場です。

 

時間のある方は是非応援よろしくお願いします。


広報 吉田


 

 

平成25年 6月30日(日) 沖縄タイムス 

 

記事URL
            

美化作業お疲れ様でした!

30
June

今日は本当に暑かった・・・

 

 

広報委員会の吉田です。

 

 

 

6月30日(日)9時30分から行われた、

 

環境整備委員会主催の美化作業ですが、

 

保護者と先生方が参加し正門からグランドにいたるフェンス周辺、


道路の植え込み周辺(本校側)の草刈をしました。


今回の参加人数は28人、環境整備委員長の那覇さんは


「去年の3倍の人数で作業が捗る。」と喜んでいました。


草を刈り、刈った草を集め、軽トラックで運んだりと

 

全員汗だくになりながら2時間ほどで作業を終えました。


皆さん、大変お疲れ様でした。


また、次回もよろしくお願いいたします。



02290


DSC02291DSC02292.JPG


DSC02293.JPG



DSC02296.JPG


DSC02298.JPGDSC02299.JPG


DSC02300.JPGDSC02301.JPG


美化作業メイン.jpg



記事URL
最初 <<前へ |1 |2 |3 |4 |5 |6 |7 |次へ>> 最後

カレンダー

<< 2019年08月 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

profile
沖縄水産高校のPTA役員と保護者で立ち上げたブログです。宜しくお願いします。ご意見・お問い合わせはこちらまで。お名前とご連絡先もご記入ください。okisuipta@gmail.com

QRコード

沖縄水産高校保護者会便り
管理画面へ